つみたてNISA,  暮らし・健康・家計

老後の資産を用意するために

最高の家計目指したい

人生においてやっておきたいことを夫婦で話し合ったことがあった。

そのとき、夫が言った。

「定年までに2000万円貯めたい」

これにはもちろん私も賛成だ。

これまで夫の転職のたびに他県への引っ越しをしたが、その際に微々たる貯金が非常に役立ったし、何かをやりたいときに蓄えがあるのとないのでは実際に取り組める時期に差が出てくる。

なので漠然と貯金しといた方がいいよなぁと思っていたし、何かと備えあれば憂いなしだという場面にも遭遇してきたので、老後のことも考えないといかんよなぁととても腑に落ちたのだった。

老後のことなんて先だろう~って思ってもいたけど、気づけば30代後半に入り、親も60代後半になってきたし、考え始めても遅くないころ合いだ。

じゃあ、実際に我が家ではがっつり貯金できていたかというとできていないw

私がパートに行っていたときは少しずつ貯金に回していたけれど、稼ぎが増えた分使う分もめっちゃ増えて、この1年間は今まで買いたかった家具や家電をかなり買いまくったために、そんなに増えなかった。

まぁ、いわゆるパーキンソンの法則(支出の額は、収入の額に達するまで膨張する)ってやつですな。

で、定年(この場合年金支給開始まで)まであと27年ほどあるんだけど、それまでに単純に銀行に貯金していった場合、月当たり60,000円積み立てる必要があるんですわ。これ、なかなかの金額。私がパートに出て働けば、その分をすべて貯金に回せば実現可能な金額ではある。そう、できないことはなさそう。

そうなんですよ、働けばええねん。シンプルなんです。

で、先日も書いたけど、預金だけしていけばいいのかっていうとまた違って。

外で働かなくていいならそれが私にとってはベター。

複利の力を借りて、お金にも働いてもらいたい。家計を担うために勉強しようと思って、ブロガーさんが紹介していた本をkindleで購入したんですわ。

  • 作者: 岩崎淳子
  • 出版社/メーカー:ダイヤモンド社
  • 発売日:2018/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

この本の内容については、下記リンクからほとんど読めるんじゃないかなぁと思うので割愛する。

要は

  • 平均狙い・ほったらかしで、
  • 手数料かけないでインデックスファンドに投資しようね

ってことなんだわなー。

実際に証券口座を作ってみる

証券会社の口座を作ることすらかなり緊張を伴ったんだけど、とりあえず少額からやってみようってことで、SBI証券に口座を申し込んで、使えるところまで進んだ。

あとは実際に注文するんだけど、ちょっと躊躇しているのが正直なところw

なんでみんなインデックス投信を勧めるんだろう。

なんらかの意図が働いているんじゃないか?!とかすごくうがった見方をしてしまう自分もいるけれどね。勉強の意味でもやってみます。

どれにしようかまずは選ぶところからだ!

Author

ミノル
ミノル
「人生アバウト」をモットーに。
心地よく生きるための改善をすこーしずつカメの歩みのごとく進めているアラフォーです。

主婦業、レビュー(読書、映画、動画)、自分探しなど雑食気味なカテゴリーでブログを書いています。

★ストレングスファインダー:慎重さ・内省・共感性・分析思考・運命思考

★西洋占星術:ネイタル太陽♊、月♐、ASC♏
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。