雑記

忘れないために覚えておくのではなく、忘れるために残しておく

ソード・イヤー・スプレッドで今年の目標達成について占ってから、カードのアドバイス参考にしてみることにした。

春いっぱいは、ピュアな気持ちで自分の潜在意識(カップの中のお魚ちゃん)との会話を楽しむ。そして、気持ちは見習いだから謙虚に。そうしないと、強気になりすぎる傾向らしいからな。

先日から2回の四柱推命講座を受け始めて、自分の日主が「壬」ということを知り、ある程度形の中で自由に動く、そういう内面の傾向があることがわかったからさ。カードのアドバイスという枠の中で自由に動いてみようかなって。

すぐに忘れちゃう性格なので、こうやって書き残して見返せるようにしておくことは自分にとって非常に大切なのです。ブログやnoteのいいところは形に残しておけるところやね。人間すべては覚えてはいられない(まぁ、中には驚異的な記憶力の人もいるけども)。

記憶力が頼りないなら、思い出せるツールを使おうってわけだ。

会社員時代、自分の記憶力が当てにならないなと気づいたのね。

若い時は学校の試験に出るところ覚えておけばよかったけど、仕事っていろんな方向から依頼が来て進捗も違うし、やり方も一度習ったからといってすぐに身につくわけではなかった。けれど忙しい先輩や上司に何回も聞くわけにもいかない。

自分が覚えたと思っていてもしばらくすると、記憶そのものがあやふやになるのに気づいて、それからはなんでもメモ書きしてなるべく残すようにしている。メモ書きしたこと忘れることもあるから、これが万全な方法でもないんだけどね。

けど、時間が経って見直したり、あれってなんだっけ?と思った時に見て思い出せたりするには非常に重宝するんだよね、このメモ書き。

だから、自分の記憶力なんて頼りないものを頼るより、形に残しておくに限るわけですよ。

体で覚えるレベルにまでなっても、ある時ふと「あれ、これってこのやり方で合ってたよね?」と思う時無いですか? もう何も考えずに自然とできることに、なぜか疑問を持ってしまうとき。そういう時にもメモ書きあると助かる。

私の場合は、書いて忘れ、忘れては思い出し、何回も何回も繰り返さないと覚えられない。そのあたり苦手なのであった。自分の苦手を得意にするのは労力いるから、それを補う方法が見つかると少しだけ楽になるね。

あ、あとは、人に説明するのも覚えるかも。自分のあやふやな部分が認識できるからね。そういう点でも、メモ書き残しておくと説明する際に再確認できる。

Author

ミノル
ミノル
「人生アバウト」をモットーに。
心地よく生きるための改善をすこーしずつカメの歩みのごとく進めているアラフォーです。

主婦業、レビュー(読書、映画、動画)、自分探しなど雑食気味なカテゴリーでブログを書いています。

★ストレングスファインダー:慎重さ・内省・共感性・分析思考・運命思考

★西洋占星術:ネイタル太陽♊、月♐、ASC♏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。