レッテルをはがすことと、クールダウン期間を持つこと

投稿者: | 2021-02-15

レッテルを貼るのは楽チンだ。

そしてレッテルの囲いの中で動くのはもっと楽チンだ。それ以上考えなくてもいいんだから。

それなのに、違和感が募る。

本当にレッテルを貼ることがあなたのためになるのかな?

例えば、自分が思う自分らしさと、占いや何かの診断を受けた結果が乖離していたとして、どちらを本当の自分だと捉えるだろうか?

占いや診断の結果を鵜呑みにして、自分はこうなんだ、これ以外は私ではないなんて頑なになったりするだろうか?

ナンセンス!!!

だと思うんですよ。

自分探しは好きだし、何かの結果によって「あなたはこういう人なんですよ」と言われるのも悪くない。

そういう一面がそこからうかがえるし、納得する部分もあるわけだから。

けれど、そこに囚われてしまったら?

本当はもっともっと可能性があるのに、決めつけた自分の枠から出なかったら。

最近は、占星術との距離感を図っているようなそんな日々になっていて、もちろん情報を仕入れるのも楽しいし、学ぶことだっておそらくは細々と続けていくにしても、没頭する時期はいったん終わりなのかな。

まぁ、非常に飽きやすい性格もあるので、また再燃することもあるだろうけれど、一歩離れてみて違うことをしながら、頭の中を整理整頓していきたい。

というか、検証期間にしたい。

いったん落とし込むためには、クールダウンが必要なのさ。

Author

ミノル
ミノル
「人生アバウト」をモットーに。
心地よく生きるための改善をすこーしずつカメの歩みのごとく進めているアラフォーです。

主婦業、レビュー(読書、映画、動画)、自分探しなど雑食気味なカテゴリーでブログを書いています。

★ストレングスファインダー:慎重さ・内省・共感性・分析思考・運命思考

★西洋占星術:ネイタル太陽♊、月♐、ASC♏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA