「ソード・イヤー・スプレッド」で2021年の目標の達成度を占ってみたよ。

投稿者: | 2021-02-16

「人生をかけて取り組める仕事を見つける」という今年の目標を立てて、実際どのくらいの達成度が見込めるのかをタロットカードに聞いてみた。出典は「マイカレンダー2021年冬号」藤森さん考案の「ソード・イヤー・スプレッド」。

スプレッドの見方

  1. 1年を通しての潜在意識
  2. 1~4月の過ごし方(カードからのアドバイス)
  3. 5~8月の過ごし方(カードからのアドバイス)
  4. 9~12月の過ごし方(カードからのアドバイス)
  5. 1~4月の自分の状況
  6. 5~8月の自分の状況
  7. 9~12月の自分の状況
  8. 1~4月の周りの状況
  9. 5~8月の周りの状況
  10. 9~12月の周りの状況
  11. 最終結果

実際にどんなカードが出たか?

全体的なカードの傾向は、大アルカナ4、小アルカナ7(ワンド1、カップ4、ソード1、ペンタクル1)となった。カップが多いので感情や情緒面に意識が向く一年になりそう。大アルカナは4枚中3枚が周囲の状況なので、自分自身よりも周囲からの影響を強く受けそうな感じがする。最終結果は安定を表すワンド4なので、「こっちに進みたい」というような意志を見つけて、目標達成できそうな印象を受けた。

タロット初心者なので、まず一枚ずつそれぞれの意味を書きだすよ。

年間を通しての潜在意識「カップの10(逆位置)」

『マカロンタロットで学ぶタロット占い』(解説文以下同)によると、「今と未来の幸せを みんながいればそれがいい」がテーマのカード。それが逆位置で出た。一年間通して私の潜在意識では、何か閉塞感やマンネリを感じることが多そう。

1~4月について

自分の状況「ソードの5」

「要るものと要らないものを整理する」テーマのカードが出た。容赦なく要るもの要らないものを切り分け、手段を選ばずに利己的になる傾向。強気な期間。

周りの状況「つるされた男(逆位置)」

「試練に耐え、内面の充足を得る」テーマのカードが逆位置。周囲からの何か縛り的なものがあるのかな。身動き取れない状況とか。

カードからのアドバイス「カップのペイジ」

「ピュアなかわいさが売り センスを活かす」がテーマ。タロットカードはこの期間、見習い期間としてピュアさを売りにまじめに取り組むことをアドバイスしてくれている。自分の潜在意識とのおしゃべりを通して、やりたいことを探す期間なのかも。周囲からの縛りがあるため実際に身動きは取れないけれど、自分自身の中での対話はできる。強気になれる期間でもあるから、自分としっかり会話して、本当に要るものを残すために自分の意思を再確認するのにいい時期ということなんだろうね。

5~8月について

自分の状況「カップのナイト」

「愛を伝える」がテーマのカード。カップのペイジが成長して大人になった状態。自分でムードを演出することを意識できるようになり、自分自身を相手に伝えられるようになっているのかな。穏やかで愛にあふれた状態。満たされているのかもしれない。それが静かな自信にもつながる。

周りの状況「力」

「欲望に流されず愛のある行動をする」がテーマのカード。周囲は愛を持って支えてくれるということかな。

カードからのアドバイス「ペンタクル・エース」

「繁栄につながるきっかけ」がテーマのカード。小アルカナでは最もエネルギーの強いカードらしい。目標を掲げ、ものごとを形作るために最初の一歩を踏み出せ~!というアドバイス。自分に自信が持てるようになり、穏やかに満たされ、周囲もそんな私を愛を持って支えてくれる。今動かずしていつ動くの、といった感じだ。実際に動くことが大切とタロットは伝えてくれている。ここ、ターニングポイントっぽい。

9~12月について

自分の状況「女教皇」

「ピュアな感性で、神秘を追求する」がテーマのカード。大アルカナなので自分の状況ではこの秋から冬にかけてが重要なのかもしれない。書物から学び、専門知識を深める。ここでもピュアさ。

周りの状況「魔術師(逆位置)」

「どんな状況においてもとりあえず何かを始める」がテーマのカードが逆位置。周囲はもしかしたらまだ十分な知識をつけられていないじゃないかとか未熟じゃないかと思っていそう。

カードからのアドバイス「カップの7(逆位置)」

「いろんな可能性を夢見る」カードの逆位置。この期間は可能性や憧れを夢見るのでなく、具体的に目標を立てることを重視しなさいとアドバイス。あれもこれもと欲張りになるのではなく、周りから未熟だと思われても、自分の直観を信じてステイタスなどではない自分が望む具体的な目標を立てようということだ。

年間目標の達成度「ワンドの4」

「さまざまな交流を楽しみ、やる気を保持する」がテーマのカード。カードに描かれたリボン・飾りが目標達成の象徴という説明を読んで、おもわず「やったー!」と思いました。つまり今年の目標はきっと達成されるだろうとタロットカードは言っているのですよ。目標が達成され、平穏な日々を送れる点にも注目ね。悩みではなく、平穏。明るい未来かぁ。うれしいなぁ。

そのためにも情熱を保ち続けることが必要ともある。そうだよね。

まとめ

潜在意識では何か閉塞感を感じ続ける一年間だとしても、「人生をかけて取り組める仕事を見つける」という今年の目標の達成度としては、きっと達成されるだろうと読みました。

各時期のタロットカードのアドバイスを頭において、一年間過ごしてみたいと思う。

すでに2月入ってしまったので、ちょっと試すのがゆっくりになったけれど、この通りになるといいな。いちおうふり返ってみると、ここ数年要る要らないっていつも頭にある考え方なんだよね。その集大成的な感じになるのかな。夏に向けて足もと固める感じだね。

Author

ミノル
ミノル
「人生アバウト」をモットーに。
心地よく生きるための改善をすこーしずつカメの歩みのごとく進めているアラフォーです。

主婦業、レビュー(読書、映画、動画)、自分探しなど雑食気味なカテゴリーでブログを書いています。

★ストレングスファインダー:慎重さ・内省・共感性・分析思考・運命思考

★西洋占星術:ネイタル太陽♊、月♐、ASC♏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA